スマホから複合機へインターネットFAXが送れる

インターネットFAX

複合機と比べて経費の削減や便利なことから利用者が増えているのが「インターネットFAX」です。

スマホやパソコンからアプリやメールでFAXの送信や受信ができ便利であり、最近ではテレワークやSOHOなどの個人事業主も増えているので、無料のトライアル期間を設けている業者もあります。

はじめてインターネットFAXを利用するから「使い方が分からない」や「様々な業者から比較をしてどこが良いのか知りたい」などのこともあるはずです。

「ネットFAXの達人」ではインターネットFAXの価格や機能の比較から使い方まで分かるようになっています。

また、個人なのか受注業務なのかなど使い方に合わせたおすすめのネットFAX業者も紹介しているので参考にしてみてください。

インターネットFAXとは

インターネットFAXとはスマホやパソコンが従来の複合機の変わりとなることです。

従来の電話回線を使うのではなく、インターネット回線での接続が行われます。

そのため、外出先であろうがスマホやネット回線へ接続できる環境なら、FAXの送信と受信の両方ができるようになっているのですね。

「インターネットFAXの特徴」

  • 送信先が複合機なら今まで通り印刷される
  • 受信したFAXはPDFや画像として確認できる
  • 複合機を購入する必要がない
  • インク代や印紙代のコストの削減

インターネットFAXの利用する人は「外出先でもFAXの送受信ができる」のと「印紙代によるコストの削減」に「業務の効率の改善」の3つの点があげられます。

わざわざFAXの為に会社へ戻ったり無駄な時間もなくなるのですね。

複合機とネットFAXの違い

複合機とネットFAXは大きく変わりはないものの4つほど違いがあります。

受信先のFAXは複合機ならば今まで通りそのまま印刷がされるようになっています。

  1. 外出先でもFAXの送信や受信ができる
  2. 送信はメールやソフトからWord、Excel、PDFのファイルから送れる
  3. 受信はPDFなどのファイルで送られてくる
  4. 必要なファイルだけ印刷できる

スマホやパソコンが複合機の変わりとなりますが、それによって送信や受信をするFAXはワードやエクセルなどのデータとなります。

そのため、印刷が必要な書面に関しては必要に応じて自分でコンビニや会社や自宅のコピー機を利用するようにしましょう。

ネットFAXにかかる料金は4種類

ネットFAXの利用時にかかる料金は4種類あります。

契約時の最初にかかる初期費用と毎月発生する3種類の項目があります。

  1. 初期費用
  2. 月額費
  3. 送信費
  4. 受信費

初期費用はどこの会社も約1,000円で同じぐらいですが、毎月かかる部分に関しては各社に違いがあります。

また、月額費の中に受信費と送信費の無料枚数分が含まれていることも多く、利用方法などに応じてどこを選ぶか決めていくと、安くしてよりコスパを抑えることができます。

(ネット回線を使うので定額のを利用していないと通信費がかかります)

各社とも送受信費は1枚辺りの金額になっていますが、厳密にいえば通信時間にもよって価格が変わるので、料金に関しては注意をするようにしましょう。

インターネットFAXの利用者は急増中

インターネットFAXはテレワークの急激な増加により利用者は増えています。

最近では電気屋でFAX専用機や複合機が売り切れになるのも増えていますが、ネットFAXの存在も知られるようになり、すぐにでも利用できるので注目されてるのですね。

2020年となった今では、ほとんどの人がスマホを所有しています。

FAX機の代替えとしてインターネットFAXなら、スマホやパソコンを使うことができるし、わざわざ専用機の前に行く必要もありません。

利用料も安いのでインターネットFAXの利用者は急増をしていますし、仕事が営業の人で個人で契約して、FAXの為にオフィスへ戻り直帰できないの改善する為に利用していたりもします。

詳しくは下記のネットFAXの専門サイト「FAX複合機とお別れ」で解説されているので参考になるはずです。

インターネットFAXの個人で月額無料まで比較

インターネットFAXの比較

評判の良いインターネットFAXを比較表にしました。

各社の価格や無料のトライアル期間などが一覧で分かるようになっています。

ネットFAXeFaxMOVFAXメッセージプラスjfax
初期費用1,000円1,000円1,000円1,000円
月額費用1,500円980円950円990円
送信費10円(150枚無料)8円15円10円(50枚無料)
受信費10円(150枚無料)8円(1000枚無料)0円10円(100枚無料)
無料トライアルありなしなしあり

無料で使えるネットFAX

インターネットFAXの利用を検討している方はまずは無料で実際に使ってみるようにしましょう。

初月が無料のキャンぺーンが行われている業者としては国内最大級の利用者の「efax」です。

主に無料で使えるネットFAXの業者には2種類あります。

  1. 30日間の1ヶ月を無料で使い翌月から自動で課金される
  2. 契約をすることで月額費が1ヶ月分の無料が付いてくる

あくまで契約をすることで月額費の1ヶ月分が無料のサービスであり、翌月以降の料金がかかる前にキャンセルができないのもあるので、契約をする前に確認をするようにしましょう。

完全に初月が無料だとしても、良く見かける月学制のサービスと同様に契約時に支払い先などを入力し、課金されたくないのであれば自分でキャンセルの手続きが必要となるのが一般的です。

個人事業主や小規模ににおすすめのネットFAX

個人事業主やSOHOや小規模のオフィスでネットFAXを使うのであればおすすめはefaxです。

efaxは30日間の無料のキャンペーンが行われているので、利用を検討している人もまずは使てみて判断をすることができます。

また、送信と受信が150枚まで毎月無料となるので、FAXの量がそんなに多くない業務の個人や小規模の事業であれば、初期費用を支払えばと定額の月額費の1,500円でネットFAXを使い続けることができるので安いし分かりやすいです。

  • 無料期間で使って必要か決めれる
  • 送信が150枚まで無料
  • 受信が150枚まで無料

個人向けで無料のインターネットFAXのおすすめや選び方

受注業務や複数人で管理におすすめのネットFAX

ネットFAXを受注業務に使ったり、多数で管理をするのであればおすすめはMOVFAXです。

MOVFAXはプレミアムプランを利用することでひとつの契約でIDを最大で5つまで所有することができます。

それ以上必要であれば1,000円で5IDの追加をすることができ、最大で1000個まで保有をすることができます。

また、各IDで閲覧できるフォルダの管理ができるので、各部署ごとに利用をしたりと、受注業務や複数人でFAXを利用するのが複数人の人におすすめです。

  • プレミアムプランで5つのID
  • 1000円で5IDを追加できる(最大で1000個)
  • ユーザーごとに利用可能なフォルダの指定ができる
  • 自動振り分けができる

おすすめのインターネットFAXランキング【2020年】

おすすめのインタネットFAXをランキングにしました。

それぞれの業者が特徴が異なるので、どんな人にならおすすめなのかを明記しています。

個人で使うのかなど利用用途に合わせて選んでいくようにしましょう。

eFax(イーファックス)は無料で個人におすすめ

「はじめてネットFAXを使う人」「個人事業主や小規模」「無料で使いたい」人におすすめなのがeFaxです。

eFaxは日本国内だけでも60,000件が使われ、世界中に復旧をしているサービスです。

30日間の無料のトライアルがあるので、使ってみてネットFAXを使い続けるのかを決められ、テクニカルサポートもあるので安心して使いはじめることができます。

利用時に請求先を決めてキャンセルをしなければ来月以降は自動で引き落としされるようになっています。

ネットFAXのデメリットである手書きの紙も、写真で撮影して送ることもできるようになっています。

「おすすめな人」

  1. はじめて使う人
  2. 無料でまずは使えるのを探してる
  3. 利用者が多くセキュリティで安心ができるのを探してる
初期費用1,000円
月額費用1,500円/月払い・18,000円/年払い
受信費10円/無料枚数以降(150枚無料)
送信費10円/無料枚数以降(150枚無料)

MOVFAX(モバックス)は複数IDが欲しい法人におすすめ

MOVFAXは複数IDが作れるのが特徴のインターネットFAXです。

「スタンダートプラン」と「プレミアムプラン」の2種類の料金設定があり、プレミアムの方を利用することで複数IDにフォルダの自動振り分けなど、一部の機能が追加されます。
そのため、受注業務や複数人での利用に評判もよく、受信や送信したFAXの管理もしやすいです。

更に送信費と受信費が1000枚まで無料となっているので、毎月のように大量にFAXを利用する人に特におすすめすることができます。

    「おすすめな人」

  1. 毎月1000枚近く送信や受信をする
  2. 受注業務や複数人でIDを使いたい
  3. 送受信の枚数が多くて管理がしやすいのを探してる
初期費用1,000円
月額費用980円(IDは1つ)・3,980円(複数ID)
受信費8円/無料枚数以降(1000枚無料)
送信費8円/無料枚数以降

メッセージプラスは受信専用の人におすすめ

メッセージプラスは送信先も受信先も同社を利用すれば送受信費が無料なのが特徴です。

プラスは送信に特化したサービスで受信をしたい場合には同社のメッセージプラスの両方を利用する必要があります。

特定の人とのみのFAXの送受信を行い、なおかつメッセージプラスを利用しているなら、断トツで安く抑えられるのでおすすめすることができます。

また、FAXの番号は「050」になり留守番電話としての利用もできるようになっています。

    「おすすめな人」

  1. 受信だけに使いたい人
  2. 受信したFAXを頻繁に手書きして再送信していた人
  3. 留守番電話としても使える
初期費用1,000円
月額費用950円(月払い)・792円(一括年払い)
受信費0円
送信費15円/枚(50枚無料)

jFaxはメールの送受信で利用できる

jFaxはメールを利用してFAXの送受信ができるのが特徴です。

東京の市外局番の「03」と全国共通の「050」の番号が利用することができます。

シンプルなインターネットFAXとなっており、アプリでファイルの管理がしやすいや受信データーを編集して送信のように、便利な機能がある訳ではありません。

ただ、その分メールを利用したことがある人なら分かりやすくなっています。

初期費用1,000円
月額費用900円
受信費0円
送信費15円/枚

インターネットFAXの使い方

基本的にはどこのインターネットFAXも即日から利用ができるようになっています。

実際の使い方としての利用開始までには4つのステップがあります。

  1. 使い方に合わせて利用サービスを決める
  2. サービスの契約(番号の付与)
  3. パソコンやスマホにアプリをインストール
  4. 即日利用開始

アプリを使ったりメールを利用するかは業者にもよって異なります。

また、両方に対応をしているネットFAXもあります。

送信方法

インターネットFAXの送信はメールまたはアプリを使用して行われます。

業者によって違いはありますが、基本の送信方法についてはほとんど同じです。

  1. 宛先に送信先の番号等を入力
  2. 送信内容にエクセルやワードやPDFなどのファイルを添付
  3. 必要に応じて送り状を作れる

はじめて利用する人でもインターネットFAXの送信方法は複合機とほとんど変わりがないので分かりやすいはずです。

メールの宛先がアドレスではなく番号などに代わり、紙の変わりにファイルの添付を行い送信をします。

受信方法

インターネットFAXの受信はシンプルで分かりやすいです。

  1. FAXを受信する
  2. メールやアプリに通知が来る
  3. PDFのファイルを確認する

基本的には受信したFAXのデータは自動でPDFや画像に変換がされて、メールやアプリで閲覧ができるようになっています。

複合機が紙で印刷されるのとは違い、PDFなどのデーターで受信するだけなので分かりやすいはずです。

まとめ

インターネットFAXは最近のテレワーク(在宅勤務)などの増加により、利用者がどんどん増えています。

いくつかのFAX業者がありますが、初期費用や月額費用はそこまで変わりがありません。

ただ、送受信費の価格や無料の枚数に違いがあるので、使い方によってどこを利用するとお得かを考えると、よりコスパを抑えることができます。

使い方としてはどこも簡単ではありますが、専用のアプリが用意されている業者だと、ファイルの管理がしやすかったり、スマホのカメラで撮影したデータを送れたりと、ファイルの管理がしやすいなど違いがあります。

そのため、送信や受信など基本的な操作にはほとんど変わりありませんが、使いやすさは変わってくるのですね。

タイトルとURLをコピーしました